アシモフ依り新しいジグスプーンが新登場と成りました。スリムダンディーをジグスプーン化した様なフォルムとバランスでフィールドの隅々まで狙っていきますよ!

Fearless!なんだなぁ~

 日本国内の様々なフィールドに合わせて三つの重量が勢揃いと成った『AsimovFearlessJigSpoon(フィアレス ジグスプーン)』。

狙う魚に依りフィールドが変わる事からベイトロッドとスピニングロッドで表層域~中層域~深場と、自由な深度の選択とアクションで一網打尽にしてしまおう!と企画しました。

"フィアレス ジグスプーン"は20g, / 10g, / 7g, の重量を用意し、春の強い向い風やシトシトと降り続く雨に、ヒリ付く強い陽射しなど自然界の動きに対応したルアーの一つに成ります。

それぞれの重量選択は天候やターゲットとする魚の動向に合わせてセレクトしていく手法を取り入れていく事で、ターゲットそのものの習性や動向の癖も把握する事も出来ますので是非この機会に試してみて下さい。

ソフトなカーブは肉厚な本体特有のもの

 先程ちょっと触れましたが本体の造型は"WoodyLand,バススプーン・スリムダンディー"を完全なジグスプーン化したモデルと成りますので、Yoin氏が推奨している《シェイキングアップ釣法》もスムーズにロッドワークをする事が出来ますよ。

WoodyLandSlimDandyLong 17g,

バススプーンなのにジグスプーンの要素を盛り込んだ新しいスプーンモデル。

 ラージマウス・スモールマウスバスやトラウトからシーバス等、活性が有り広域を彷徨いている場合はタダ巻きで追い食いを誘発させられます。誘発させるのですから殴り掛かる様な喰い方も想定しておかないと…吃驚合わせに要注意ですね!例えば河口湖の足和田では絶好のオープンウォーターですから沖合いでラージマウスバスなどが数匹で泳ぎ回っている事が多いですので狙い目なんです。

程良い本体の厚みは美しいカーブと切れのあるエッジでアクションの強弱を起こさせます。岸釣りでは非常に良く行う"シェイキングアップ釣法"は特に本体のサイズ感と形状が大きく作用している事が判ると思います。

例えば芦ノ湖のトリカブトは実は岬に見えて岬ではない一風変わったポイントですが、岸釣りでは此処から沖合いへキャストし任意の深度へ落とし込んでいき(自身が操作が行い易い深度でかまいません)沢山でているラインを巻き取ってからシェイキングアップのスタートです。シェイキングアップで寄せ付けラインを巻き取っている時にヒットしてくる手法なのでお薦めです。

 本体の明暗をしっかりと見せ付けるのは精密な造型の効果に依るものでコロコロと変わる日中の心強い味方です。

"フィアレスジグスプーン"のカラーをセレクトする際に、如何しても迷ってしまう場合は大雑把な決め方でも大丈夫です!

例えば、天候に合わせてみる①ド ピーカンの晴れ→GOLD,②どんよ~り曇り→SILVERなどと決めていく。水中の色に合わせてみる①めっちゃ澄んでいる→SILVER,②ドチャッと濁っている→GOLDと云う風にセレクトしてみましょう。此等の決め方は基礎の入り口に成りますので少しづつ自分たちが釣る魚が生息している自然界をたくさん眼にし観察していくと必ず釣果に繋がりますよ。

 装着させたフックはフェザーテールタイプのトレブルフックです。ロッドワークの際にはフェザーの揺れ方で如何様な具合いで振れているのか判り易いと思います。

 人気者の"マジックブレード"との違いを少し撮影してみましたが…何となく判りますか?フィアレスジグスプーン がスリムダンディー寄りのジグスプーンと云う事が良く判るかと思います。

 自然な造型で造られた"フィアレスジグスプーン"は、湖や河川から海釣りで多種多様な魚をターゲットにした、ターゲットフリールアーの一つなので、初めて赴くフィールドやポイントでキャストしてみましょう。

Color,Fearless

FearlessJigSpoon ✱重さ: 7g,✱総全長: 5cm

FearlessJigSpoon ✱重さ: 10g, ✱総全長: 5.5cm

FearlessJigSpoon ✱重さ: 20g, ✱総全長: 7cm

⚠️FearlessJigSpoon10g,はカラー#CMLのみと成りますので予めご了承下さい。

 日本には海外には無いフィールドやポイントがたくさん在ります。地域特有のルアーフィッシングにフィアレスジグスプーンをプラスαしてみると思わぬ魚や新しい発見が有ると思います。心ゆくまでジックリと風景を満喫しつつお愉しみ下さい。